出血時対応 RICE

監修:聖マリアンナ医科大学小児科学 名誉教授 瀧 正志 先生

RICE(ライス)

出血した部位の安静(Rest)、冷却(Ice)、圧迫(Compression)、挙上(Elevation)を行うことで痛みを軽くし、再出血を防ぐことができます。

安静
(Rest)
出血した部位を動かさないように安静にする
冷却
(Ice)
冷却剤やタオルで包んだ氷で出血した部位を冷やす
※氷を直接皮膚に当てないようにしましょう
圧迫
(Compression)
出血した部位を圧迫包帯やサポーターなどで適度に圧迫する
挙上
(Elevation)

出血した部位を心臓より高く上げて止血しやすくする

 

 

※一部を除き、数字、組織名、所属、肩書等の情報は2022年7月時点の情報です。

  • LINEで送る

JP22CH00015

上部へ戻る
上部へ戻る