将来も良好な関節の状態を保つために出血は凝固因子活性が低いときに発生しやすくなります

監修: 名古屋大学医学部附属病院 輸血部 講師 鈴木 伸明 先生

出血は凝固因子活性が低いときに発生しやすくなります。
将来の血友病性関節症の発症・進行を予防するために日々の凝固因子活性を十分なレベルに維持することが大切です。
凝固因子活性について詳しく紹介しています。

 

>冊子のPDFを見る

future-health

 

 

※一部を除き、数字、組織名、所属、肩書等の情報は2022年7月時点の情報です。

  • LINEで送る

JP22CH00019

上部へ戻る
上部へ戻る