ノボエイト®静注用をお使いの患者様へ

投与方法

血友病A患者さんに対する定期的な投与

ノボエイト®は添付溶解液の全量を用いて溶解し、1~2mL/分をゆっくりと静脈内に注射します。注射のスピードは主治医の指示に従ってください。

血友病A患者さんの長期間にわたるノボエイト®を用いた定期的な投与方法は、通常、体重1kgあたり20~40 IU(国際単位)を隔日投与、又は20~50 IUを週3回投与です。

12歳未満の小児の患者さんには、体重1kgあたり25~50 IUを隔日投与、又は25~60 IUを週3回投与することが勧められています。

出血時の投与

出血時の投与用量および期間は第VIII因子欠乏の重症度、出血の部位や程度、および患者さんの状況により異なります。

1 IUの第VIII因子活性は、健康な一般人の血漿1mL中の第VIII因子活性に相当します。投与に必要な量は、次の計算式に基づいて算出することとされています。

必要な単位(IU) = 体重(kg) × 第VIII因子の目標上昇値(%又はIU/dL)
× 0.5(IU/kg/IU/dL)

ノボエイト®を出血時に投与する場合、通常、1回体重1kgあたり10~30 IUを投与しますが、症状に応じて適宜増減します。

ノボエイト®静注用の投与方法について、ご不明な点があれば
主治医に確認してください。
実際に投与する製剤の量やタイミングは、主治医の指示に従ってください。
また、外科手術の際の使用については、主治医にお問い合わせください。

  • LINEで送る

JP20NEGT00003

上部へ戻る
上部へ戻る