イスパロクト®静注用をお使いの患者様へ

イスパロクト®とは

イスパロクト®は、血液中で長時間循環できるようにデザインされた血友病Aの治療薬です。

イスパロクト®は、欠乏あるいは働きが低下している血液凝固第VIII因子を補充するための治療薬です。

血液凝固第VIII因子は補充しても、血液中で徐々に分解・代謝されてしまいます。

イスパロクト®は、より長時間血液中を循環できるようデザインされました。

遺伝子組換え型血液凝固第VIII因子にPEG(ポリエチレングリコール)を結合させることで、分解・代謝されるのが遅くなるため、活性が長く保たれます。

イスパロクト®は半減期延長型血液凝固因子製剤に分類されます。

血液中の活性は標準型血液凝固因子製剤による治療と比べて1.6倍長く保たれるため1、注射回数を減らすことができます。

このグラフは縦軸が対数目盛(1ずつではなく10倍ずつ等間隔で振られた目盛)となっています。対数目盛は例えば100%から10%までの桁が変わるような大きな変動や、小さな桁における変動の両方をグラフで表すときに使われます。

※遺伝子組換え型血液凝固第VIII因子:
 献血された血液から抽出されるのではなく、製薬会社の工場内などで製造される血液凝固第VIII因子です。

1. Tiede A et al.:J Thromb Haemost 11(4):670–678, 2013

イスパロクト®の作用時間延長技術
保存は冷蔵庫で(40℃以下でも保存可)
静注用輸注セットには25Gと、より細い27Gの翼状針が入っています
冊子「イスパロクト®静注用をお使いになる血友病A患者さんへ」ダウンロード(PDFファイル:1.5MB)

  • LINEで送る

JP20ESP00044

上部へ戻る
上部へ戻る