適正な体重を維持するために知っておきたいこと

知っておきたい外食の欠点

No.7

                            静岡県立総合病院 栄養管理室 芹澤 陽子 先生


最近の食生活は、外食抜きでは考えられなくなってきました。国民健康・栄養調査によると、外食の頻度の多い人ほど、栄養のバランスが偏っていることがわかっています。好きな食べ物ばかり食べ続けていると、栄養バランスが偏り、体重も増加し、体調不良になりやすく、知らない間に生活習慣病のリスクを高めてしまいます。

 

◆ 外食のデメリット
  • 好きな献立ばかりを選びやすい
  • 何をどのくらい食べたかわかりにくい
  • 高脂肪・高エネルギーになりやすい
  • 野菜が少ない
  • 味付けが濃く、塩分が多い

ハンバーガー・シェイク・フライドポテトセット
973kcal

               かつ丼
            1014kcal

外食の欠点を知り、栄養バランスや適正量について考慮した、賢いメニュー選びをすることで、ヘルシーな食事を摂ることができます。
外食をするには、自分の食事の適正量を知り、大体の食事量の感覚を身につけましょう。
(1食のエネルギー目安量は、1日のエネルギー摂取量÷3)

◆ 厚生労働省ホームページより


国民健康・栄養調査 

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kenkou_eiyou_chousa.html 

平成22年 国民健康・栄養調査結果の概要 ~体型、食生活、運動に関する状況~

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000020qbb-att/2r98520000021c1g.pdf

平成23年 国民健康・栄養調査結果の概要

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002q1st-att/2r9852000002q1wo.pdf
 
 




JP/HG/1216/0006