適正な体重を維持するために知っておきたいこと

食品の選び方と調理のポイント

No.5

                            静岡県立総合病院 栄養管理室 芹澤 陽子 先生


知らず知らずのうちにこってりした高カロリーの食事が多くなっていませんか。
食材や調理方法を変えるだけで、摂取エネルギー量を減らすことができます。
 

  • 和食料理を中心に
  • 洋食や中華は油を控えて調理
  • 天ぷらやフライなどの揚げ物は食べる量に気をつけて
  • 肉は脂肪の少ないものを選ぶ
  • エネルギー量の低い野菜・キノコ・海草・こんにゃくなどをたっぷりと
  • 味付けが濃いとご飯を食べすぎてしまうので、薄味にして食べ過ぎ予防
  • 市販の惣菜やインスタント食品は内容を確かめて
  • テフロン加工のフライパンやシリコンスチーマーなどの調理器具を利用
  • 器や切り方、盛り付け方で、かさを多く見せる工夫を


がんばれそうな項目はいくつありましたか。長続きさせるには、一度に実践するのではなく、少しずつ無理なく習慣づけることが大切です。
さあ、ちょっと食生活を見直してみましょう。
 




JP/HG/1216/0006