太りにくい強い筋肉をつくるために知っておきたいこと

有酸素運動の時間

No.9

                           東京大学医学部付属病院 リハビリテーション部 後藤 美和 先生


◆ 脂肪燃焼に必要な時間

有酸素運動を始めると、しばらくは糖質がおもなエネルギー源になります。20分くらいから体脂肪がエネルギー源として使われだします。そのため、少なくとも20分間の有酸素運動が必要です。
 

◆ 朝起きてすぐと食直後の運動は避けましょう

起きてすぐは血糖値が低い状態にあり、少し運動しただけで、血糖値がさらに低くなってしまいます。低血糖症状といって、生あくびや目まい、口の渇く感じがして動けなくなることもあります。
食直後は消化のために胃に血流が集中するため消化不良をおこし、運動中に腹痛を起こす可能性があります。


◆ 最適な時間とは

食後2時間くらいが安全といわれています。
 

◆ ちょっとマメ知識

効果的なダイエットからは話がそれますが、運動を行うのに17-18時が最適な時間と報告している研究があります。筋肉がウォーミングアップされ怪我が起こりにくく、良好な睡眠を得るのに最もよい時間は遅めの午後か早めの夜であったとの結果が得られたようです。


ご自身の生活スタイルに組み込んで、ゆっくりとした筋力トレーニングの後の有酸素運動をはじめてみましょう。
 




JP/HG/1216/0006