太りにくい強い筋肉をつくるために知っておきたいこと

筋力トレーニングのあとには有酸素運動

No.7

                           東京大学医学部付属病院 リハビリテーション部 後藤 美和 先生


前回までダイエットに効果的な筋力トレーニングの方法や理由などについてお話してきました。ゆっくりとした筋力トレーニングを実施することで成長ホルモンやアドレナリンが分泌され、それによって体脂肪を分解することはご理解頂けたかと思います。

筋力トレーニングのあとに、血中に分解された脂肪を積極的に燃焼するためには、有酸素運動を組み合わせることが重要となってきます。順番としては、ゆっくりとした筋力トレーニングを実施した6時間以内に有酸素運動を組み合わせると効果があると言われています。有酸素運動のあとの筋力トレーニングではあまりアドレナリンや成長ホルモンは分泌されないといわれています。よって、2つの運動をただ組み合わせるだけでなく、体脂肪を分解するには先に筋力トレーニングを実施し、その後で有酸素運動を実施することでより効果的なダイエットを図れることができるでしょう。

時間帯としては、起きてすぐの時間を避けた午前中に筋力トレーニングを実施することで、その後の時間の活動が有酸素運動につながることが望ましいと考えます。時間に余裕があれば午前中に筋力トレーニングを実施し、その後の時間の活動量をあげてみましょう。
 




JP/HG/1216/0006