[インヒビターとは?]  [インヒビター患者さんのライフスタイル]
 

インヒビター患者さんのライフスタイル

インヒビターの患者さんの生活には難しい点があるかもしれませんが、自分のためにできることはたくさんあります。病院の先生方と協力して血友病を上手に管理することが大切です。

自己管理をするということは、最も有効な治療法を見つけることを意味します。
出血した時には適切な治療を行うこと、
製剤はいつも正しい用量、正しい間隔で注射するように注意することなどです。

また、出血が短期的および長期的にどのように影響があるかを考え、どのように管理すればよいかを見つけることも意味します。
つまり、関節を大切にすること、必要な運動を行うことが含まれます。

健康的なライフスタイルは、適度な食事を摂ること、適切に運動することなど、
ごく普通の事柄も含まれることも忘れないでください。


<日常活動で健康を保つ>


健康状態を良好に保つために毎日できることがたくさんあります。
 

運 動

身体活動は筋肉の強化に役立ち、筋肉強化は関節を保護し関節にかかる力を減らすために有用です。関節にかかる力が少ないということは、出血が減ることを意味します。いかにして活動的であり続けるかについては、専門医、整形外科医、理学療法士に相談してみましょう。

栄 養

適切な栄養は健全な体重の維持に役立ち、健全な体重は関節にかかる力を減らすために有用です。適切な栄養は出血から体を回復させるためにもきわめて重要です。

歯の手入れ

適切な歯の手入れは毎日行えます。柔らかい歯ブラシを使った歯磨きと定期的なフロス使用は口内の出血を防ぐために役立ちます。

患者カード/緊急カード

いつもの病院に行けないときのために、患者カードや緊急カードを持ち歩くことも検討しましょう。

<病院や近隣のクリニックとの連携、周囲の人々の理解>


専門病院

月に一度または2~3ヵ月に一度は専門病院を受診しましょう。

   

近隣のクリニック、歯科医

専門病院が近くにない場合は、普段は近隣のクリニックに通う場合もあります。この場合、専門病院の先生と連携をしっかり取ってもらい、注射の記録はどちらの先生にも報告しましょう。 適切な歯の手入れは、歯と歯茎を健康に保つだけでなく、歯科治療の回数が少なくてすむこと、治療による出血の問題を防ぐということにもなります。

   

周囲の人々の支援

家族、学校の先生などの人々はインヒビターの患者さんについて、出血の対処法について理解してもらう必要があります。

   

<健康な関節>



関節を健康に保つことは、同じ関節に出血を繰り返し「ターゲットジョイント」としないようにすることです。関節を強化し出血を少なく抑えることは、関節を健康に保つために患者さんが行える重要なことです。


<関節を強く保つ>


運動と身体活動は間接の健康のために重要です。

 

筋肉の強化 ● 関節の出血を減らせます。

  

バランスの維持 ● 転倒によるけがを防ぎます。

  

カロリーを燃焼させ健全な体重を維持する ● 節にかかる力が少なくなります。

 

<出血の影響を抑える>


出血の治療をできるだけ早く行うと、関節のダメージが少ないためその後の出血の影響が抑えられます。
安全で活動的な生活を送るために、専門病院のスタッフから情報を入手しましょう。医療チームは出血をできる限り早く治療するための技術や活動的な生活を送ってもらうための準備を支援します。

 


健康的なライフスタイル 米国の「ドゥー・ザ・ファイブ! Do the Five !」の取り組み

米国の予防プログラム(National Prevention Program, NPP)は、血友病とともに健康的な生活を送るための5つの項目を示しています。

1. 血友病治療センターで総合的な健康診断を毎年受けましょう。
2. ワクチン接種を受けましょう − A型肝炎とB型肝炎は予防できます。
3. 出血は早く、しっかりと治療しましょう。
4. 関節を守るためには運動し、健全な体重を維持しましょう。
5. 血液検査を定期的に受けましょう。

NPPは米国血友病財団(NHF)、米国疾病対策予防センターの各支部/協会、血友病治療センター(HTC)、および出血性障害を持つ人たちによる共同活動です。「ドゥー・ザ・ファイブ!」やNPP関する情報については、NHFのウェブサイトで見ることができます。

 

 [インヒビターとは?]  [インヒビター患者さんのライフスタイル]
 


JP/HG/0617/0004