家庭治療・自己注射に関する質問

Q1.

家族による家庭治療はいつごろ始めるの?

A.

お子さんの心身の発育、家庭の事情によって異なりますが、家族旅行が好きに行けるとか、遠い実家にも安心して里帰りできるとか、夜中にお子さんが痛がって も慌てないとか(子どもは夜になって痛いと言い出すことが普通ですね)、メリットはたくさんあります。要は親のやる気、家庭でも治療したいという希望が実 現への大きな要因となります。

ひとつの目安としては幼稚園の“お泊り保育”前などはいかがでしょう。以前は母親ばかりが訓練を受けていましたが、今はご夫婦揃ってできるようになりたいという方も増えて来ました。 


 しかし、これはあくまでも目安です。中には血管が細すぎるとか、血管が見えにくいといった場合もあります。「○○さんはもうやっている。」などとあせる必要はありません。焦って苦手意識を持つよりもじっくり取り組める時期を選ぶのが良いでしょう。また別に一回の訓練で完璧にできるようになるなんて思わず、気持ちに余裕を持って練習に挑戦して見るのが成功のコツです。病院・主治医ともよく相談してくださいね!




JP/HG/0617/0004