出血に関する親からの質問

Q9.

皮下出血ってどんなの?

A.

打撲がほとんどの原因ですが、合わない靴などで起きることもあります。痛みは筋肉内出血に比較すれば軽いとは言われますが、「パンパンに腫れてしまえば一 緒」との話がよく聴かれます。まずは“青あざ”から始まりますが、ひどい場合には、その範囲が急速に広がってしまいます。続いて赤っぽくなり、最後に黄色 くなってくれば、ほぼ終わりです。

皮下出血の場合、重力によって皮下の出血が下がってくることがあります。特に額のこぶなど  は、まぶたの辺りまで降りて来て目が開きにくくなったりします。皮下だからと馬鹿にせず、きちんと早く対応することが大切なのは言うまでもありません。


なお、あまり出血の範囲が広くない頭部・頸部(けいぶ:首の部分)以外の出血なら、冷却で収まることも少なくありません。このへんは経験がものを言いますので、あせらずにコツをつかんでいってください。




JP/HG/0617/0004