出血に関する親からの質問

Q8.

筋肉内出血ってどうなるの?

A.

打撲、運動や無理な姿勢での負荷などが原因でおきやすく、下腿(かたい:ひざから足首までの部分)、太ももや腰などの大きな筋肉では出血量も増えます。最 初は筋肉痛に似た鈍い痛みで始まることが多く、やがて熱を帯びて、腫れてきます。ごく軽い場合は冷却ですみますが、製剤投与しなければすまないことも多く なります。
 

筋肉内出血は出血が止まっても筋肉内に血の塊が出来てしまいますので、それが吸収されるまでは伸ばしても、縮めても痛い状態が続きます。時には筋肉内の血の塊が神経を圧迫してしびれが残ることもあります。その意味では皮下出血よりも全般に回復には時間がかかります。




JP/HG/0617/0004