出血に関する親からの質問

Q7.

足首の出血に悩んでいます。因子製剤の注射以外の措置にはどんなものがあるのでしょうか?

A.

年に数回のレベルなら問題ありませんが、隔週、毎週のように繰り返すというのであれば、工夫が必要です。まずは原因となるような運動や生活習慣がないかを 考えてみてください。体育でたまたま縄跳び跳び箱、長距離走、高飛びや幅跳びをしていたとか、、休み時間にサッカーに夢中になっていたとか、時には 寝ぞうが悪くて肩や足に出血していたということもあります。


原因が分かれば、それを制限するか、改善するかです。しかし、小さいお子さんなどはなかなか口で言って制限できるものではありませんし、原因が考えつかない場合もあるでしょう。例えば学校での上履きを靴底のクッションの良い靴に変えるとか、靴の中に中敷きを入れて足首への負担を少なくすることも有効です。他には装具やサポータを使うことが考えられます。これらは足首の関節にかかる負担を軽減すると共に動きを制限することで出血を防ぐ効果があります。サポータや装具には薄くて軽い物からプラスティックや金属が使われたハードな物までいろいろあります。 なお、合わないものを使うとかえって出血することもありますので、病院の整形外科に相談して適切な物を揃えてください。


また等尺性運動(関節を動かさない筋肉の収縮運動)や、出血のない時に水泳など、関節に負担のかからない訓練をして関節の周りの筋肉を鍛えておくことも重要です。




JP/HG/0617/0004