その他

Q6.

いつ頃、どうやって自転車の乗り方は教えたのですか?

A.

大昔の患者さんは乗れない、昔の患者さんは中学頃、今は他の子と同じように5歳前から小学校頃にかけてというのが多いようです。薬の効き目が不十分だった頃は転倒・衝突しては一大事と禁止されたのですが、今は転倒の危険が少なく、足首の可動域が良好な ら、走るよりは関節へのショックは少ない、よい運動とも考えられています。

 

とにかく最初は安全な場所で練習させてあげてください。普段の出血が多い場合は、予防投与やヘルメット着用での練習も考慮してください。練習方法については皆さん、普通通りに教わりましたと言っており、何か特別な訓練法があるわけではありません。




JP/HG/0617/0004