その他

Q4.

娘がキャリアなのかどうかを調べたいと考えました。
いつごろ調べたら、本人にどう話したらいいのですか?

A.

本当なら当事者(姉妹)本人の意志を尊重して行うことが理想です。検査の結果を知ったがために「(キャリアなので)子供は作らない方がいい」「(健康だから)兄弟の面倒を見て欲しい」等のように、お子さんが親の無言の期待を強く感じてしまった例もないではありません。そうでなくても幼いうちに話して、無防備に 他人に話してしまい、近所に誤解されても困ります。

逆にそれまでかたくなに隠しておいて、結婚直前・直後に言われても姉妹は大きなショックを受けるでしょ う。何も言わなくても、兄弟の病気を見て知りたくなり、遺伝の可能性に気づくケースもあります。その時期が感じやすい思春期であったりすると、自分が「欠 陥品」のように思えてしまって、自己イメージを傷つけ、自己評価を極端に低下させてしまうことも考えられます。


いつどのような形で調べ、結果を伝えるかは大きな問題です。ひとつの機会としては初潮などを迎えて、身体の話をしなければならない時に伝えるのはいかがでしょう。姉妹なので、兄弟の持っている病気の一部があるかもしれないということで検査をして、親だけでなく、医師や医療スタッフからも説明してもらうのです。

次に考えられるのは例えば、大学進学後、就職決定後などは、比較的気持ちに余裕がありますので、この時期はどうでしょうか?ここで済ませておけば、仮にキャリアであっても、婚約者や恋人にどう伝えるのかといった相談に、スタッフも応じられる体制が作れるというわけで。
 
とにかくこうした課題を克服するコツは、一人でなく、相談できる相手をうまく確保しておくことです。心置きなく話せる相手がいるだけで、不安の重さは全く違ってきます。




JP/HG/0617/0004