痛みの判定

監修 産業医科大学小児科 白幡 聡


 痛みは、出血を知らせるサインです。お子さんの訴えをよく聞くことは大切ですが、小さなお子さんの場合、大人と違って痛みを正確に表現せず、本人の訴えをもとにどんな痛みなのか、どのくらい痛いのかを判断することが難しくなります。
 海外では、表情から「痛み」を判定する幼児用のスケールがありますので紹介します。「痛み」がどのように変わっていったか、経過がわかるので治療効果の判定にも役立ちます。


◎使用方法

お子さんにスケール表面の該当する表情や程度を示してもらい、裏面の0〜100のメモリで痛みの強さを判定します。
 

子供の感じる痛みを判定するスケール

3~5才の幼児用のスケール

▼3~5才の幼児用のスケール

        この資料がプリントできます。
        (PDF/153KB)

       

6才以上の小児用のスケール

▼6才以上の小児用のスケール

        この資料がプリントできます。
        (PDF/40KB)

       




JP/HG/0617/0004