血友病と歯科 −製剤投与の必要性−

広島大学病院 歯周診療科 吉野 宏

◆ 治療をする際の製剤の必要性(永久歯の治療)

虫歯の治療では歯ぐきを大きく切ることはまずありません。また、根っこの治療で出血しても止血は十分可能です。ただし、歯を抜いたり、歯ぐきが腫れてメスで切って膿を出すような治療では、やはり製剤や薬剤の投与をしておいた方が安心です。
これから、もう少し詳しく説明しましょう。

表は虫歯の段階に応じて製剤投与の必要性を示したものです。

  虫歯の状態 治療時の製剤投与の
必要性
C1 エナメル質に
限局した虫歯
なし
C2 象牙質に及んでいる虫歯 少ない
C3 歯髄に達している虫歯 少ない
C4 残根状態 大きい

C1程度であれば、製剤の投与はなくても治療することができます。
C2、C3の場合には歯を削る時に歯肉を傷つける可能性があるので、製剤の投与が必要な場合があります。いわゆる根の治療を行う場合は必要ありません。
C4は抜歯の可能性が大きいことから製剤投与の必要性も高まります。

●虫歯の段階

C1 エナメル質内の虫歯

製剤投与の必要性:なし

C2 象牙質内の虫歯

製剤投与の必要性:少ない

C3 歯髄に達した虫歯

製剤投与の必要性:少ない

C4 歯冠が崩壊し歯根に達する虫歯

製剤投与の必要性:大きい


<用語解説>
レジン:人工歯や仮歯などに使われる天然樹脂、合成樹脂のこと
インレー:虫歯を削った部分を埋める詰め物。金属や本物の歯のように見える素材(レジン)などがある
歯肉縁下(しにくえんか):歯ぐきが歯の根もとに接している面(歯肉縁下の虫歯は、歯と歯ぐきの接している面の虫歯)
咬合(こうごう):上下のかみ合わせのこと
抜髄(ばつずい):歯の神経を抜くこと
根管治療:歯の神経を取り感染している部分をきれいにし、薬を入れる治療
 

 


血友病は歯科治療にとってそう特別なものではありません。虫歯ができてから駆け込むのではなく、普段から歯の衛生管理を指導してもらえるかかりつけ歯科医をつくって早期発見・早期治療に努める事が、トラブルをなくす上で非常に重要です。
 




JP/HG/0617/0004