12月「筋肉トレーニングの失敗」(バックナンバー)

先生からのメッセージ

筋肉トレーニングで関節周囲の筋肉をきたえると、関節の出血が少なくなります。あまり道具や機械を使わず、関節に負担のかからないトレーニングをするのが一番よいのです。




JP/HG/0617/0004